文字サイズ

健康診断

個別(施設)健診

信頼できる健診だから、多くの方に選ばれています

受診者年間1万人以上
内視鏡検査の実施数 年間平均5,000件以上
ダブルチェック等 専門医2名による診断
マンモグラフィー撮影技師は女性

健診の種類と検査項目

検査項目 人間ドック 生活習慣病
予防検診
定期検診B
(労安法)
定期検診A
計測 身長、体重、BMI
腹囲
視力 視力
診察 聴打診・視診
聴力 オージオ
血圧 血圧
血中脂質 HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪
総コレステロール
肝機能 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP
ALP
総蛋白、アルブミン、A/G比、 蛋白分画
コリンエステラーゼ、総ビリルビン、 LDH
HBs抗原、HCV抗体
血清アミラーゼ
血液一般 赤血球数、血色素量、ヘマトクリット
白血球数
血小板数、血液像、MCV、MCH、 MCHC
代謝系 尿糖
空腹時血糖
ヘモグロビンA1c
随時血糖
尿酸
炎症反応 RF、ASO
CRP
肺機能 肺機能(肺活量、%肺活量、一秒量、 一秒率)
梅毒 RPR法、TPHA法
尿・腎機能 尿蛋白
尿潜血
尿中ウロビリノーゲン
尿沈渣、尿比重
クレアチニン eGFR
尿素窒素、Na、K、Ca、Cl
眼底・眼圧 眼底・眼圧
心電図 心電図
消化器検査 便潜血反応(免疫法2回)
胃部バリウム(X線)または 胃内視鏡検査(経鼻内視鏡も可)
腹部超音波
胸部 胸部レントゲン2方向
胸部レントゲン1方向

お申し込みの詳細はこちら

オプション検査

検査項目 内容 備考
胸部低線量ヘリカルCT 肺がんなどを調べます。
喀痰細胞診 呼吸器系の病気(肺がん等)の診断に重要な検査です。3日間連続して採痰します。
ピロリ菌抗体 ピロリ菌の感染を調べる検査です。保険での除菌は胃カメラとピロリ菌検査が必要です。
ABC検診 ピロリ菌感染と胃粘膜の状態(ペプシノーゲン)を調べ、胃がんにかかるリスクを判定します。
腹部超音波 肝臓、胆のう、腎臓、膵臓、脾臓を調べ、結石や腫瘍、ポリープなどの有無がわかります。
腫瘍マーカー 【PSA】前立腺がんにかかると値が高くなります。
【AFP】肝臓がんにかかると値が高くなります。
【CYFRA・シフラ】肺がんにかかると値が高くなります。
【CEA】各種消化器系等のがんにかかると値が高くなります。
【CA19-9】膵臓等のがんにかかると値が高くなります。
ヘモグロビンA1c 【HbA1c】過去1~2ヶ月の平均の血糖状態を調べます。 ★●
HBs抗原・HCV抗体 B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染の有無を調べます。 ★●
HIV 抗原/抗体 エイズの原因であるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染の有無を調べます。
肺機能 肺の働きや呼吸器系の異常を調べます。ヘビースモーカーの方におすすめします。
内臓脂肪測定 腹部CTで、内臓脂肪量を測定します。
骨塩定量(DAX法) 骨粗鬆症の有無や程度を調べます。放射線を用いての検査です。 妊娠または可能性のある方は受診できません。
甲状腺ホルモン 甲状腺の働きに関係するホルモンを調べます。(FT3、FT4、TSH、サイログロブリン)
BNP 心臓に負担がかかると値が高くなります。
女性オプション検査 子宮頸がん 子宮頸部の細胞を採取し、がん細胞の有無を調べます。 また、内診により子宮筋腫の有無などを調べます。
子宮頸がんの原因とされるHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しているかどうかを調べます。※子宮頸部細胞診と併せて受診していただく検査です。
乳がん 視触診、マンモグラフィ 1方向撮影(50歳以上の方におすすめします)
視触診、マンモグラフィ 2方向撮影(49歳以下の方におすすめします)
マンモグラフィ 1方向撮影(50歳以上の方におすすめします)
マンモグラフィ 2方向撮影(49歳以下の方におすすめします)
乳エコー検査(視触診、マンモグラフィ 受診の方への追加検査です)
乳エコー、マンモグラフィ 2方向撮影(視触診はありません)
腫瘍マーカー 【CA15-3】乳がんにかかると値が高くなります。 ●※
【SCC抗原】子宮頸がんにかかると値が高くなります。 ●※
【CA125】卵巣がんにかかると値が高くなります。 ●※

※ この検査項目は、病気の状況によっては値が上がらない場合もあります。
★ 群馬県健康づくり財団の人間ドック、基本検査項目に含まれています。*健保組合等により基本項目は異なります。
◆ 水曜日と金曜日のみ実施しています。専門医師と女性スタッフが対応いたします。
● 血液検査です。

お申し込みの詳細はこちら

お問い合わせ先

群馬県健康づくり財団 診療所

TEL:027-269-7813

ホームへ戻る